不動産投資をお考えの方
ホーム > 不動産投資をお考えの方 > 店舗・事業所などへの投資

投資物件化の流れとご実例紹介

投資物件化の流れ

投資物件化の流れ

事例1
所在地 札幌市近郊
業種 飲食店
投資家様の目的 収益性重視の投資
担当者のコメント 全国に店舗展開しております本州企業様から、北海道の出店希望エリアを確認し、そのエリアの地元不動産業者より土地情報を入手しました。テナント企業様へ出店の可否と賃貸条件を確認し、個人投資家様へご提案後、ご購入いただきました。
実例2
所在地 札幌市内
業種 複合商業施設
投資家様の目的 長期安定収入
担当者のコメント 法人投資家様より、購入予定の土地に優良企業誘致のご依頼を受けました。投資総額、希望利回り等の条件をお聞き取りし、当社お取引企業様へ出店用地としてご提案いたしました。効率的な土地活用を目的に、各種条件から、複数のテナント企業様を選定し、投資家様へ事業計画をご提案。ご成約いただきました。
事例3
所在地 札幌市近郊
業種 物販店
投資家様の目的 資産形成、収益性重視の投資
担当者のコメント テナント企業様よりリースバック方式での建物賃貸借のご依頼をいただきました。土地所有者様へ打診したところ、土地の売却を希望されておりました。テナント企業様の賃貸条件と、土地所有者様の売却希望額のすり合わせを行い、投資物件として投資家様にご購入頂きました。
事例4
所在地 札幌市内
業種 物販店
投資家様の目的 所有不動産売却に伴う代替資産の取得、収益性重視の投資
担当者のコメント 所有不動産を売却された投資家様より代替不動産の購入について、ご相談を受けました。店舗用地として適した売土地に複数のテナント企業様を誘致し、様々な条件をすり合わせ、投資物件として投資家様にご購入頂きました。

不動産投資に関するお問い合わせ


011-232-0100
賃貸住宅経営(アパート・マンション)
メールでお問い合わせ
店舗、事業所など
メールでお問い合わせ

このページの先頭へ