×

HOME > 採用を知る > 教育制度

教育制度

新入社員教育制度

新入社員研修
新入社員研修 入社後、集合研修を行います。
まずは学生から社会人への意識変革、そして社会人や社員としての基本を身につけると同時に営業の基礎知識やスキルを学びます。
集合研修が終了後、それぞれ店舗配属されOJTがスタートします。
OJTとは新入社員・OJTリーダー・店長(責任者)を中心に職場ぐるみで行う育成制度です。共通目標の設定や振り返りを行いながら、新人は自分の目指す方向、リーダーや店長はどんな指導をすればいいのかを気づき、育て育てられのグッドサイクルが生まれます。また、本社人材関連部門が支援やサポートを行い、現場任せにしない人材育成環境を整えています。
配属後も年数回の集合研修(営業実務について、自動車運転について、接客ロープレ検定など)を行い、しっかりと成長できるように会社全体でサポートしています。
OJTリーダー研修
OJTリーダー研修 新入社員を指導するリーダーの研修。
ただ新人に仕事を「教える」のではなく、「育成する=自ら動き考えさせる」ように指導をしていくためには具体的にどう指導し、接していくのかを学びます。
今まで営業現場で活躍していた先輩社員も新人育成を通じて1つ上のステップへ成長していきます。
また、OJTリーダーと新人の上司にあたる店長(OJT責任者)に対しても研修を行い、働きやすい・育てやすい環境づくりに努めてもらっています。

その他の研修・教育制度より一部紹介

女性活躍支援セミナー
女性活躍支援セミナー セミナーでは、"女性営業社員の営業力向上"を目的とした勉強会を行っています。
営業のスキルアップとともに、女性ならではの感性を活かした営業スタイルに重点を置いたプログラムです。
学びの場だけではなく、普段他店舗で働いている女性社員が集まり情報交換の場にもなっています。
また、女性社員がやりがいを見出しイキイキと働ける職場環境のサポートも行っております。
考課者研修
考課者研修 人事考課とは、社員の仕事の働きぶりや仕事を通じて上げた成果を会社のルールに基づいて評価するものです。
考課結果は給与、賞与、昇降格への反映だけでなく、適材適所への配置や不足している技能や知識への改善を促すことができます。
考課する店長や部署長を対象に、制度をよく理解し、公正な評価や社員のレベルアップを図るための研修を行っています。
宅地建物取引士
資格取得研修
試験直前には受講者から選抜して、朝から夜までの、いわゆる"缶詰講習"を行っています。
会社の成長には、宅地建物取引士資格者が必要不可欠です。
こうした研修も積極的に行っているので、全国的にも高い合格率を誇っています。